島根県大田市大森の石見銀山は、1526年に博多の商人・神屋寿禎によって発券されたと伝えられています。始めの頃、銀鉱石は大森から最も近い仁摩町鞆ヶ浦という港から運び出されていました。戦国時代、毛利元就が銀山を支配するようになると、温泉津町沖泊を利用するようになりました。  江戸時代になって、幕府は銀山とその周辺を直接治め、比較的安全となった陸上ルートが使われるようになりました。大久保長安は、大森から尾道に至るルートを整備し、35里(約140km)の輸送路を完成させました。  これが「銀山街道」と呼ばれるもので、大森代官所から尾道港へつながり、馬300頭・人400人という大輸送隊は、3泊4日の行程で銀を運んでいました。このほかにも、神辺・笠岡から大阪方面に向かうルートもあったと記録も残っています。  この銀山街道に今も残る遺跡を、今回は3つのルートに分けて訪ねていきます。是非この機会に銀の道探訪ツアーにご参加ください。  くわしくはこちらのパンフレット(別画面で開きます)をご覧下さい。