桜に癒されに行こう
突然ですが、広告スペースの都合にてボツになってしまったコラムを出します。
お時間のある時に読んでくださると幸いです。
作者:安中 編集:平松
********
あしひきの 山桜花 日(け)並べて
かく咲きたらば いと恋ひめやも
春の定番の桜・・・・そして花見。
桜といえば日本の国花。
日本人は古代より桜を愛でていたようです。
富士の頂から種をまいて花を咲かせたとされる木之花咲耶姫(このはなさくやひめ:さくらのように美しい姫の意)は、日本最古の書、「古事記」に登場する女神。当時の日本人は桜の咲き具合でその年の稲の収穫を占っていたため、願いを込めて酒肴を用意し桜の木の下で花に祈りつつ楽しく過ごしたことが「花見」の原型とされています。
9世紀前半には収穫への願いで始まった「花見」は、桜の美しさを愛でながら酒宴をはり、そのもとで遊芸などを楽しむ今のスタイルの「花見」に。桜は万葉集、古今集と続き「花」として登場しますが、奈良時代の「花」といえば「梅」をさしていました。実は、今のように「花=桜」となったのは平安時代。皇居の前庭に植えられた「梅」がいつしか「桜」に植替えられ、桜が多く唄に詠まれ出したのがきっかけだそうです。
それにしても、一斉に咲き誇りあっという間に散ってしまう桜。
桜が咲き始めるとうれしい半面、言いようのない焦燥感を感じる人も少なくないのでは。
それはまさに桜焦燥感。
「もしも何日も咲いているならこんなにも美しいとは思わないだろう」
冒頭の唄にも詠まれているように、古代よりその美しさとはかなさで人々を魅了し続ける桜。
1本の桜の神々しさ、一帯に咲き誇る桜の幻想感。
今年も、来年も、毎年目に焼き付けておきたいものです。
よね。
つきましては、今春は、桜焦燥感を感じる前に、さあ、予約。
たびーとでは1本桜、群衆桜、どちらも満喫できる日帰りバスツアーをご用意いたしました♪
日がな一日、旅に出て、その美しさとはかなさに浸ってみませんか?
お一人様のお申し込み、特にオススメいたします。
さくら

桜の予定はお早めに~♪ 詳しくは画像をクリック!